水素サプリやマウスウォッシュ、洗口液等の通販

株式会社シェイプ

 会社概要ページへお問い合わせページへ

お知らせ

販売代理店募集

販売代理店募集しています。

 

右上のお問い合わせページより必要事項ご記入の上メール下さい。

 

追ってこちらよりご連絡致させていただきます。

権利金・保証金などは頂きません。

 

少数からお取引可能です。

 

(要相談) お近くの方は会社までお越し下さい。

 

「水素水」の欠点を補う本物の「水素サプリメント」がこれからの主流になるでしょう。

 

本物の「水素サプリメント」を扱いませんか。

 

水素研究者の第一人者である太田成男先生とドクターが共同開発した素材を使用しています。

 

どのような原料に水素を吸蔵させるかがポイントです。

 

残念ながら市場には、「水素サプリ」の名称でありながらほとんど水素発生しない素材を使用している安価な製品が出回っています。

 

「本物の水素サプリメント」をお探しの方はぜひご検討して下さい

 

元気プロジェクト通信5月号

お元気ですか。

 

ゴールデンウイーク、皆様はどのように過ごされましたでしょうか。

 

10日間もありましたがあっという間に過ぎたという感じがします。

 

楽しい時間を過ごしていると時間が経つのは早いですね。

 

人混みが苦手な私は、いつものように大好きな海釣りに行ってきました。

 

クルージングを兼ねての海釣りは最高に気持ちが良く、釣った魚を食べる楽しみもあります。

 

釣りたての魚の刺身は絶品です。

 

(何日か置いた方が美味しい魚もありますが)マゴチ(本ごち)、丸いか、メバル、カサゴなど釣三昧でした。

 

何と言っても健康でいられる事にまずは感謝です。

 

また来年も大好きな釣ができますように! 人生は楽しまなくちゃね。

 

さて7日から仕事モード、帰宅は夜遅くなってしまい電車に乗り込むと乗務員からのアナウンス人身事故発生の為、電車ストップします。アリャリャ

 

もう終電な為、ルート変更の電車もありません。

 

やむなくタクシー乗り場へ長蛇の列に並びとても憂鬱な気分になりました。

 

7日はあちらこちらで人身事故発生、飛び込み自殺があったようです。

 

何という痛ましい時代、自らの命を絶つことほど悲しいことはありません。

 

5月病」という嫌な言葉もあります。

 

学生や新入社員などあるいは転勤、引っ越しと3月、4月と環境が変わり自分に自信をなくてしまう、人間関係などの悩みが重なり「気分障害」になる方が多いようです。

 

ほとんどの自殺の原因は、「健康と経済問題」だそうです。

 

鬱状態になり絶望し電車に飛び込んでしまう私はサプリメント業界で約30年仕事をさせていただいていますが、10数年前自殺者が年間3万人を超えこのまま行くと日本は一体どうなってしまうのか。

 

異常事態の中で生活している恐ろしさを漠然と感じました。

 

調べると「鬱状態」になってしまう方がほとんどでした。

 

鬱(うつ)も脳の病気です。

 

何とか自殺者を一人でも無くしたいという思いで脳を活性させる「脳活性サプリメント」という製品を探しまわりました。

 

脳に関して良い素材を徹底的に調べました。

 

皆様もご存知だと思いますがDHA、イチョウ葉エキス・・・・・・など列記すれば結構あります。

 

しかしながらこれはという素材が見つかりませんでした。

 

やはりサプリメント先進国のアメリカには「脳内サプリメント」の素材は結構あります。

 

しかしながら、ホルモン様物質が多く日本の法律規定に引っ掛かり製品化できません。

 

上手に服用しないと薬のように副作用が出る物質は日本では健康食品の素材として認可されていません。

 

アメリカの中流階級以上の方々はほぼ100%、何かしらのサプリメントを活用しています。

 

セルフメディケーション~「自分の健康は自分が守る」という健康教育が幼少の頃よりなされ優れたサプリメントを活用することにより更なる高みの最上級の健康(オプティマル)を目指せる事も理解しています。

 

そしてこれは凄いという素材と巡り合いました。

 

それが「水素」でした。

 

200758日、元日本医大大学院の太田成男教授らが「脳梗塞治療に水素が効果」という論文が最も権威のある科学誌ネイチャーメディスンに掲載されNHKでも報道されました。

 

この報道を聞きこれは脳梗塞だけではなく鬱、認知症(アルツハイマー)等の脳の病気にも良いはずだとの直感がありました。

 

当初は「水素水」で製品化しようと最高レベルの水素濃度の製品が作れるメーカーと交渉しサンプル製品を仕入れて知人友人にサンプル配布をしてモニター調査をしました。

 

大変なる反響があり一番多かったのが疲れ方がいつもとまるで違う、活力が湧く、朝起きが爽快、糖尿値が下がった、あんなにも痛かった痛風が改善してきた・・・・

 

早速まとめ買いしたいなどこの反響には本当に驚きました。

 

ところが「水素水」には弱点があり、水素抜けがどうしても気になり何とか固形の製品化ができないものかと、知り合いのメーカーに片端から問い合わせ太田成男先生と関わりのあるメーカーとご縁を頂き太田成男先生とドクターが開発した水素素材を基に、最高レベルの製品が誕生しました。

 

それが「H2PROUD」です。

 

発売してから何回かバージョンアップをして既に12年目を迎える事ができました。

 

ぜひご自分の為、愛する方々の為にも継続のご愛用を自信をもってお勧めいたします。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信4月号

お元気ですか。

 

東京では4月初めに桜満開になり、私の家近くの目黒川も約4kmに渡り「ソメイヨシノ」約830本が見事な花を咲かせ多くの花見客が訪れました。

 

休日には、怒涛の如く人が押し寄せ、人人人も満開です。

 

皆様は「休眠打破」という言葉を聞いたことがありますか。

 

日本の桜は、厳しい冬を越さないと美しく見事な花は咲かないそうです。

 

従って冬のない常夏の国には、日本の桜は、美しく咲かないということです。

 

桜は、四季のある美しい日本の国で進化した植物なのです。

 

冬にはまるで枯れたように見える桜、でも眼に見えない地下の根から栄養をたっぷり吸収し花満開の春までじっと耐えに耐え、今か今かとその日を待ち、誰か合図をする訳でもないのに同時にいっせいに花を開花させる生命の不思議さを感じます。

 

冬のつらさに耐えた桜ほど命の息吹を上げ豪華絢爛の花を咲かせます。

 

一定の期間、冬のきびしい気温を経験する事で暖かくなってくると眠りから覚め、春に合わせ加速度をつけながら開花の準備をします。

 

爛漫の開花には、冬の厳しさにさらされ、耐える事が必要なのです。

 

このような事を『休眠打破』と言うそうです。どんな環境に生きようと人は生きていく中で「休眠打破」の「時」が必ずあるような気がします。

 

「休眠」している時期を耐えながら次の手を打つ「打破」のタイミングとチャンスを逃がさないように感性を持ちながら生きていきたいものです。

 

目黒川は昔、台風の季節には氾濫しやすい川でその護岸工事のたびに、地元の有志が工事の記念として桜を植えたのが、今の目黒川の桜並木を生むきっかけとなったそうです。

 

今から30数年前に大掛かりな護岸工事があり樹齢15年の桜を多く植えたそうで従って現在樹齢50年程度です。

 

ソメイヨシノは江戸時代に染井村(現在の巣鴨)で開発された品種とのことで寿命は約70年とされています。

 

目黒川沿いの桜も樹齢の古い桜から順次植替えを進めて行かないと現在の様な素晴らしい桜の名所を維持できなくなってしまうようです。

 

病気に弱いとされている「ソメイヨシノ」もしっかりと専門家が管理しケアーしてあげると100年以上きれいな花を見事に咲かせるそうです。

 

青森の弘前公園には樹齢数百年の「ソメイヨシノ」もあると聞いたことがあります。

 

生命体は本来、人間でも動物、植物でも同じで健康管理次第で丈夫で長生きできるように仕組まれているようです。

 

植物は、動けないのでケアーは人間がするしかありません。

 

その反面、人は経験と知恵を持って実行さえすれば健康を増進させることは可能です。

 

やはり健康になる要素は「食事」と「運動」が基本でしょう。

 

そして更なる高みの健康状態、最高峰の健康状態これを「オプティマルヘルス」と言います。

 

アメリカでは1980年から「ヘルシーピープル運動」により国民の健康意識が改善され10年間で要介護の高齢者を124万人も減らし国民のQOLを大きく上げる事に成功した実績があります。

 

食生活をアメリカ国民それぞれが見直し、そして「効果性の高いサプリメント」をライフスタイルに入れ国民全体の健康レベルが上がったのです。

 

「病気でないカラダが健康体である」という考え方ではなく病気にならない為の予防カラダ作り、老化のスピードを抑制していく最高峰の健康を目指す生き方です。

 

この様な考え方、生き方を持たれている方が人生をより楽しく過ごせる方々だと思います。

 

この「オプティマルヘルス」を目指す方々に水素サプリメント「H2PROUD」は間違いなく寄与できるものと確信しております。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信3月号

皆様お元気ですか!

 

花粉の季節がやってまいりました。

 

花粉症の方は、とてもつらい季節です。

 

でも不思議ですよね。かわいそうなくらいひどい症状の出る方と全くでない人。

 

一体どこに差があるのでしょうか。

 

アレルギー体質も関係あるとは思いますが、そうでない人も発症する人は多くいます。

 

また今年いきなり発症する方も多くおられるようです。

 

これは、コップの水で表現する話がわかりやすいです。

 

コップの水がいっぱいになり溢れた時に発症するというのです。

 

ここで言う水はカラダに悪い化学物質、それだけ私たちのカラダは汚染されているようです。

 

汚染物質が私たちの周りには沢山あります。特に食品の中に多く含まれています。

 

食品添加物がよく問題になりますが、やはり日本はどこかおかしい。

 

先進国で禁止されている発がん性の疑いがある化学物質を認可している摩訶不思議な国です。

 

例えば「危険な食品添加物」のHPから引用しますと

~~

石油製品から化学合成されるタール色素(もともとはコールタールから合成)は化学構造上、発ガン性や催奇性の疑いがあり、過去に赤色4号・赤色5号、黄色1号、緑色1号などを含む17品目が使用禁止になっています。

 

北欧で使用が禁止されているタール色素は赤色2号・赤色3号・赤色102号・赤色104号・赤色105号・赤色106号、黄色4号・黄色5号、緑色3号、青色1号・青色2号。

 

米国では赤色2号が使用禁止。

 

諸外国で使用禁止されている、これら全てのタール色素が日本では使用されています。


タール色素の中で使用頻度の高い黄色4号は青少年のキレまたそれに続く非行の一因として問題視されています。~~

 

どうですか、呆れてしまうこのおかしな国。

 

日本は3人に1人が癌でなくなり40歳以上は2人に1人が癌を発症する悲しい現実があります。

 

こんなにも多くの方が亡くなる国は先進国の中でもトップレベルです。

 

最近では、水泳の池江選手、歌手の堀千恵美さんなどが報道されています。

 

皆様の周りにも癌で亡くなられる方が多いと思います。

 

この他、農薬、大気汚染、水道水、電磁波、紫外線、薬害など大変な問題が鬱積している全くおかしな国です。

 

実はこの様な内容で10年程「健康講座」を行っていましたが今は行っていません。インターネットの情報はいくらでも手に入るし中々人の意識は変わらないし、あまり強烈な話をすると健康ノイローゼを作ってしまう事を認識したからです。

 

私が健康に関する仕事を始めた約30年前は、国民医療費は18兆円でした。

 

現在は43兆円、その当時のほぼ予想とおり年間1兆円ずつ増加し国家予算を圧迫し続けています。

 

もう行政に健康に関する問題を解決してもらうのは無理です。

 

「自分の健康は自分で守る」~セルフメディケーション この考え方が最も重要です。

 

「水素製品」に目をやると何といい加減な製品が多いのでしょうか。

 

健康食品業界も大きな問題があります。

 

文面が限られていますので多くは話せませんが一言でいうとモラルが欠如した業界に成り下がってしまいました。

 

水素研究の第一人者である太田成男先生のHPをご覧ください。

 

気を付けなくてはいけない製品のヒントが掲載されています。

 

本物の水素サプリメント「H2PROUD」は、太田成男先生とドクターが開発した原料を使用させていただいています。

 

病気を発症する、しない。老化のスピードが速い、遅い。の境目はカラダにどれだけ良い汚染されていない「食べ物」をカラダに摂り入れるかが最重要です。

 

H2PROUD」が皆様の更なる健康の高みに貢献できることを確信しております。

 

皆様の益々の健康をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信2月号

お元気ですか。

 

年が明けて瞬く間に1月も過ぎて行きました。

 

この厳寒の季節、皆様の体調はいかがでしょうか。

 

インフルエンザが猛威の勢いを奮っているようです。

 

この2月がピークと思われます。

 

この時期を過ぎればぐっと羅漢率は減ってきます。

 

対策をきちんとして「インフルエンザ」にかからないようにいたしましょう。

 

HPROUD」も2月は少し多めに摂った方が良いでしょう。

 

第一の予防は外出先から帰ったら入念な手洗いです。

 

「うがい」は風邪には効力があるようですがインフルエンザには余り効果がないようです。

 

「ワクチン」については賛否両論があり本当の所は良くわかりませんが、インフルエンザのウィルスは「ワクチン」が効かないようにカメレオンの如く変貌していきます。

 

少しでも形が変わってしまうともう効きません。

 

菌で言うと耐性菌に対して抗生物質が効かない理屈と同じようなことです。

 

私は、こんなに確率の悪いしかもデメリットがあるかもしれない恐いものは打ちません。

 

人それぞれ色々な考え方がありますので個人の判断にお任せします。

 

私の家族は全員打ちませんがインフルエンザにもかからずお蔭さまで皆元気に生活ができています。

 

その代わり「免疫力」の上がる本物の「水素サプリメントの」活用、バランスの良い食事、適度な運動、質の高い睡眠、ストレスの溜らない生活などを意識しながら生活しています。

 

一番良くないのは強いストレスがかかることでしょう。

 

人は強いストレスがかかるとあっという間に病気になってしまいます。

 

「幸せで笑いがある生活」をしている方は免疫力が上がり特に免疫細胞の中でも重要な働きをする「T細胞」が活性化します。

 

お笑い番組で漫才を見ながら笑うのはカラダにとても良いそうです。

 

病気になる人、ならない人、インフルエンザのウィルスが入っても発症する人と発症しない人の差はこの「免疫力」が高いか低いかで決まります。

 

「免疫力」を絶えず高めておくと菌・ウィルスもカラダで増殖できません。

 

従って病気になりません。

 

どんなに健康体の人でも毎日多くの「ガン細胞」(異常細胞)が体内に生まれてしまいます。

 

私たちのカラダは容易くガンにならないようこの異常細胞であるガン細胞を取り除く素晴らしいメカニズムがあります。これが「免疫力」です。

 

いつまでも若々しいカラダ、病気になりにくいカラダのキーワードは「免疫力」と「抗酸化」です。

 

「水素」の学術論文は300を超えその中にこの「免疫力」「抗酸化」のエビデンス(証拠データ)は数多くあります。

 

水素研究では第一人者である太田成男先生主催の「日本分子状水素医学生物学会」が毎年開催されますが「水素」の素晴らしい驚くような発表が毎回あります。

 

正しく「水素」は理想の抗酸化物質と言われています。

 

「抗酸化」とは解りやすく言うと老化はカラダが錆びてくる状態です。

 

従ってこの「サビ取り」が上手くできれば老化の速度も落ち病気にもなりにくいカラダになります。

 

サビにくいカラダを作るのが「抗酸化力」です。

 

サプリメントはこの「抗酸化」を謳う製品が多くあります。

 

このサビの元は「活性酸素」です。

 

但し気をつけなくてはならないのがこの「活性酸素」の中には「悪玉活性酸素」と「善玉活性酸素」があり、あまり強い「抗酸化力」を持つ健康食品を続けるとこの大事な「善玉活性酸素」まで除去してしまう可能性があります。

 

ところが「水素」は「善玉活性酸素」は残し「悪玉活性酸素」だけを選択的に除去してしまうというまさに理想的な抗酸化物質なのです。

 

HPROUD」は1カプセルで飽和水素水1リットル以上に匹敵する圧倒的な水素発生量です。

 

ご自分の健康の為に、ぜひ継続のご愛用をお勧めいたします。

 

皆様のますますの御健勝をお祈り申し上げます。                        

株式会社 シェイプ

萩原 雄二

元気プロジェクト通信新年号

新年明けましておめでとうございます。

 

新たな年を迎え皆様におかれましては、益々ご清栄のことと存じます。

 

弊社も皆様のお陰で創立11年目を迎えることができました。

 

スタッフ一同感謝申し上げます。

 

今年は己亥年、猪の肉は、万病を防ぐと言われ、無病息災の象徴とされています。

 

干支にはそれぞれ色々な意味があり先人の願いと祈りが込められていて興味深いものがあります。

 

皆様も「今年も健康でいられるように」と願ったはずです。

 

やはりいつの時代でも、願うのは健康ですね。

 

でも大昔の人々は「健康意識」という概念などはあまりなかったのではと思います。

 

本当は「健康」という意識をしないでも普通に当たり前に暮らせるのが本来あるべき姿だと思います。

 

昔恐かったのは疫病、ウィルス、感染症などでガンや脳卒中ではなかったと思います。

 

いつから日本はこんなにも病気が増え、病気大国になってしまったのでしょうか。

 

仕事柄、健康に関する情報が山のように入ってきて一つ一つ深く検証していくと間違いなく「健康ノイローゼ」になってしまいそうな恐ろしい現状があります。

 

かつて私は10数年、各地で「健康セミナー」を開催したことがあり「食育活動」として「食の大事さ」についてお話をさせていただきました。

 

指定添加物の恐さ、農薬、水道水、電磁波、紫外線、薬害・・・

 

インターネットの普及により多くの「健康情報」が一般の人でも入手できるようになってから「健康セミナー」は止めました。

 

あるセミナー会場で「子供に食べさせるものがありません!」と言われ「育児ノイローゼ」のお母さんを作ってしまった事も止める大きな原因でした。

 

情報には「知る幸せ」と「知らない幸せ」の二つがあります。

 

健康情報が入ってきたら、その情報が正しいのか、誤ったものなのかを「見極める知恵」

が今の時代最も求められることと思います。

 

お正月にお餅を食べながら漠然と色々なことを考えました。

 

94歳になる父親と元旦、2日とゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

お陰様で認知症の症状もなくゆっくりですが1人で歩けます。

 

勿論、水素サプリメント「H2PROUD」のヘビーユーザーでもあります。

 

10数年前に「本物の水素サプリメント」が完成した時に、真っ先に両親に飲んでもらいました。子供は親にはいつまでも元気でいてもらいたいという願いからです。

 

私が一番に求めたのは「脳内を活性するサプリメント」でした。

 

何故なら65歳以上の高齢者が5人に1人という確率で「アルツハイマー」になる異常な国です。予備軍を含めればもっと高い確率です。

 

私も今年2月で65歳になります。高齢者の仲間入り?本人の意識は全くありませんが。

 

どのような病気になるのも嫌ですが、特に「アルツハイマー」だけはなりたくないと思います。 

 

「水素研究」ついては最も信頼のおける学会があります。

 

(分子状水素医学生物学会HP太田成男理事長より抜粋)

 

「水素」は、世界をリードする研究が次々発表され、分子状水素には効果的な抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗細胞死作用、エネルギー代謝促進効果があることが明らかにされました。

 

これらの作用が相乗的に効果を発揮し、様々な疾患の治療と予防に応用できるのではないかと期待されています。

 

さらに、分子状水素がこのような多彩な効果を発揮するメカニズムの研究も進展しています。

 

同時に、まだ研究段階ではありますが、10を超える大学病院で臨床研究が進められており、分子状水素が実際の医療に大いに貢献する可能性が大きくなっています。


 また、病気の人だけでなく、健常な方々の健康増進という視点からも注目され、美容効果も期待されています。

 

この分子状水素医学生物学会は水素研究の第一人者である太田成男先生が理事長です。

 

今年は8月31日から2日間開催されます。

 

私も今迄に何回か出席させていただきました。

 

専門用語が多く全ては理解できませんが「水素」は人類を病から救うほどの可能性を秘めた素晴らしい素材であるという事は理解できます。

 

弊社、水素サプリメント「H2PROUD」は、太田成男先生とドクターが開発した素材を使用させていただいています。

 

「本物の水素サプリメント」は、間違いなく皆様の健康に寄与する事と確信しております。

 

一人でも多くの方が今よりも元気になられることを願っています。

 

皆様にとりまして、益々輝ける一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信12月号

お元気ですか。

 

いよいよ師走、瞬く間に時間が過ぎていきもう一年が過ぎたの、という感じです。

 

皆様はどうですか? 年を取るほど一年の感覚が短くなるそうです。

 

これは「ジャネーの法則」といいます。

 

興味のある人は、インターネットで検索してみて下さい。

 

私も年々、一年の感覚が短く感じるのでどうもこの法則は当たっているようです。

 

本当に早いもので今年もあとわずかで終わりです。

 

とにかくこの一年怪我も病気にもならなくて「健康で生活」できたことにまずは感謝です。

 

カラダ全てに感謝、心臓さんありがとう、肝臓さんありがとう、腎臓さんありがとう・・・・

 

何故って、自分が何も意識しないでもカラダはがんばっているからです。

 

例えば心臓は一分間に60~80回、一日10万回以上休むことなく働いています。

 

血液は毎日とてつもない距離を移動しています。心拍にあわせて体の中を一日に96,540kmも巡るといいます。

 

これは地球外周に換算すると、二周以上も毎日回っていることになるそうです。

 

肝臓は物質を代謝し、解毒と胆汁生成をつかさどる臓器です。

 

巨大な工場のイメージです。お酒を解毒するのも肝臓、このメカニズムが少しでも狂うと生きていけません。

 

インフルエンザの季節ですが免疫システムが強い人は容易くかかりません。

 

がん細胞は、健康な人のカラダでも1日に5000個もできることがわかっています。

 

がん細胞ができてしまうといち早く退治してくれているのが免疫細胞です。

 

正常にメカニズムが働いていればガンにはなりません。

 

カラダはあらゆる臓器が連携し信じられないようなメカニズムの中、正常に(恒常性維持)活動できるようになっています。

 

私たちのカラダは奇跡の連続です。

 

このようなことを思うとそれぞれの臓器に問いかけ「ありがとう」と言いたくなります。

 

これらに感謝するのは当然です。

 

私事で恐縮ですが、来年65歳になります。

 

何でも高齢者という名称?は65歳から言うようです。

 

介護保険の支払いが始まり、世の中の扱いが「ご老人」となります。

 

64歳と65歳には大きな壁があるような気がします。そんな事気にするのは私だけ?・・・・

 

間違っても「シルバーシート」には座りませんけど。

 

日本は65歳以上が4人に1人、7年連続増加で約3500万人です。

 

益々、超高齢化社会が進む「老人大国」です。

 

このシニア層と呼ばれている方々が、元気でなければ日本は沈没します。

 

現状を見れば残念なことに、今や医療費が42兆円を突破し年々増加している最大要因は「老人医療費」の増大です。

 

有病者率は先進国の中でもトップレベル、寝たきり老人の多さは世界一です。

 

平均寿命は世界1位から2位を毎年確保している日本。ところが健康寿命は低い国です。

 

人様の手を借りなければ生活できない期間が平均、女性で約12年、男性で約9年です。

 

「寝たきり老人は約200万人」こんな悲惨な現状があります。

 

医学が進歩し、国民の健康意識も高まり、メディアの世界では毎日のように健康情報が溢れ、サプリメントの摂取量も上がり、健康意識も高まり、本来ならば病人が減るはずですが、一向に減らずに病人が益々増えています。

 

何かがおかしいのです。

 

もうこうなったら「病気になんか絶対にならないぞ」という覚悟と対処が必要です。

 

まずは「食べ物」から気を遣う。飲み水には特に気を遣う。

 

カラダをなるべく動かす、歩く。猫背にならないよう背筋を伸ばす。

 

周りの方々とコミュニケーション(話す、考える、頭を使う)

 

趣味の時間を多く作る。ご機嫌になるような心構え。有効なる「水素サプリメント」の活用。

・・・・・・

 

お陰様で皆様のご支援、ご協力をいただきながら今年も無事に過ごすことができました。

 

一年間、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

皆様にとりまして益々輝ける2019年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

来年もよろしくお願い申し上げます。                 感謝

株式会社シェイプ

萩原雄二 スタッフ一同

元気プロジェクト通信11月号

お元気ですか。

 

朝晩とめっきり寒くなってまいりました。

 

定番ですが風邪が流行る季節ですのでまずは帰宅したら即、「手洗いとうがい」の実行を習慣つけると良いと思います。

 

それが風邪、インフルエンザの一番の予防対策です。

 

カラダが疲れていて調子悪いなと思われる日には「H2PROUD」を多めに飲むようにして下さい。

 

栄養サプリメントのような過剰摂取による障害、例えば肝臓障害などの副作用はH2PROUD」にはありませんのでご安心して増量下さい。

 

但し増やす場合は、朝に飲むようにした方が良いと思います。

 

夜増やすと頭が冴えて眠れなくなる可能性があります。

 

夜中も仕事をしなければいけない時、受験勉強などは例外です。

 

男性の方は、これから年末に向かいお付き合いなどでアルコールの席が多くなると思います。

 

飲む前に「H2PROUD」を1から2カプセル飲むと悪酔いせず後がとても楽です。

 

優れたサプリメントは上手く活用すれば「ご機嫌なカラダ」でいられます。

 

風邪などの予防対策でもっと大事なのは「食べ物」に気を付ける習慣です。

 

前月号でもお話ししましたがあまり気を使い過ぎても問題ですがカラダの抵抗力をつける、つまり「免疫力」を落とさない食材を食べる事です。

 

インスタント食品、コンビニ弁当ばかりではカラダは正常に働きません。

 

私は風邪をひきそうだなと思ったときは辛い食事(例タンタンメン・韓国料理など)を食べます。

 

そしてあとはなるべく早く寝る。

 

これで大抵の場合は大丈夫です。

 

私は健康食品の販売業ですから「水素サプリ」を筆頭に特効薬的なものも摂取しますが。

 

昔は風邪をひきそうな時はお風呂入っちゃダメとか言われましたが今では身体を冷やさない為に温めのお風呂に入るのが正解のようです。

 

但し発熱している時はやめた方が良いと思います。

 

熱のある時は熱いお風呂に入ってダラダラ汗を流し治すというような方も多いみたいです。

 

一般的にはあまり良い方法とは思えませんが、高齢者は危険ですのでお勧めできません。

 

まあご自分にあった健康法を早く見つけ正しく実践する事です。

 

ところで毎年の事ですが月日が経つのが本当に早く感じます。

 

(年配者ほど早く感じるようです)当たり前ですが年齢も一年たてば平等に一年歳とります。

 

この1年をいかに老化の速度を遅くするのがテーマです。

 

健康食品業界のキャッチコピーは何年も相変わらず「アンチエイジング」「リバースエイジング」「リターンエイジング」そして「デトックス」です。

 

大きく年齢の違いがハッキリと解るのは50歳くらいからでしょうか。

 

①ビックリするくらい若く見えるお婆さん、お爺さん達。

 

②歳の割にはギョッとするような老けたおばさん、おじさん達

 

老けているのは外観だけではありません。内面も同じように老けています。

 

「貴方は①②のどちらですか? そしてどちらを望みますか?」

 

当たり前ですが、若々しく美しく見られた方が良いに決まっています。

 

特に女性の方は、化粧品で月に何万もかけて美しく見せようとする美への追及に対して否定はしませんが、より内面から活性させる「真の健康に投資する」という「セルフメディケーション」的な考え方を持つ必要があると思います。

 

向上心があり自分磨きをしている素敵な方々は大抵この「セルフメディケーション」の意識が高い人です。

 

その逆で健康の事なんかお構いなし、暴飲暴食しながら人の迷惑関係なしとばかりにタバコプカプカ、健康食品なんか飲むわけない、・・・・・

 

このような方達はそのうち病気宣告される確率はかなり高いでしょう。

 

40歳以上は2人に1人が癌を発症し3人に1人が亡くなる現実に気づいていない、

「健康でいるという事は他人にも気遣う事」こんな当たり前の事にも気づかない人達。

 

日本人は平均寿命は延びているけど健康寿命はけして延びてはいません。

 

病気大国の日本、有病者率世界トップレベル。どこかが狂っています。

 

是非ともご自身の為、周りの愛する人たちの幸せの為にもご自愛下さい。

 

価値ある水素サプリメント「H2PROUD」は皆様の更なる高みの健康に寄与できるものと確信しております。

皆様方の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信10月号

お元気ですか。

 

あんなに辛い酷暑も過ぎ去り、清々しい大変過ごしやすい季節となりました。

 

秋は一番好きな季節です。本当に秋晴れの日は気持ち良いですね。

 

趣味の海釣りもベストシーズンです。今度のお休みには何を釣りにいこうかな・・・・

 

健康の三要素は、「バランスの良い食事」「適度な運動」「質の良い睡眠」と言われます。

 

この三要素の中でも一番重要と思われるのは「食べ物」でしょう。

 

何故なら私たちのカラダは、毎日の食べ物からできているからです。

 

健康情報番組でも毎日のように、○○を食べ続けると動脈硬化を改善する、血圧がさがる、血糖値が下がる等など・・・・・

 

今日はトマト、明日は納豆、明後日は魚・・・・もう何を食べれば良いのか解らなくなってきます。

 

一言で言えば日本人は「和食」が一番合っているしカラダに最も良いと思います。

 

魚、野菜、根菜類、海藻類・・バランス良く食べて肉もたまに食すれば良いと思います。

 

農薬だらけの野菜、指定添加物の多いインスタント食品、レトルト食品、コンビニ弁当などはなるべく控えたほうが良いでしょう。

 

このような事は知ろうと思ったらインターネット検索で調べればいくらでも情報は知ることができます。

 

あまりインターネットが活用できない20年程前は「健康セミナー」を開催しカラダに良い食べ物、悪い食べ物などの話をしてきましたが今ではそれをする必要もなくなりました。

 

但し、いい加減な情報も沢山あるので気をつけねばなりませんが。

 

正しい情報を選んで知識を得て実践する知恵も必要となってきます。

 

あまり情報を取りすぎて神経質になるのもどうかなーと思ってしまいます。

 

私の知り合いに分筆業が本業で「健康アドバイザー」の仕事もしている方がいました。

 

この方は講演会を開催して健康情報と栄養素にたいしては卓越した知識を持っていて多くの健康本を何冊も出しました。

 

余りにも神経質になり、自分で料理する以外のものは口にできない「健康ノイローゼ」にかかっている人でした。変人ですから生涯独身でした。

 

この方は残念なことに60歳程で亡くなりました。

 

このような方は特別と思いますが、情報に振り回されてあまり神経質にならないほうが良いのではないかと思います。

 

そして二番目の「運動」。運動するのはカラダに良い事は解っていてもなかなか続かない。

 

私はなるべく歩くことから始めています。

 

駅ではエスカレーターには乗らずに階段を使用する。歩き方も足を意識して上げて歩幅を広くして速足で歩く。

 

私の姉は、エアロビクスで日本初の認定インストラクターで65歳ですが今でも現役です。姉の口癖は「運動は嘘をつかない」正しくそう思います。

 

姉のカラダは年齢より確実に20歳位くらい若いでしょう。

 

アルツハイマーでも動脈硬化でもあらゆる疾患で「有酸素運動」は良いデータがあります。

 

簡単な運動でもいいですから継続することが大事です。

 

そして「睡眠」、これも人によって違いますよね。私の知り合いで3時間寝れば十分という人もいます。

 

一般的には6時間から7時間くらいがベストだと思います。

 

この健康の三要素に気を付けてあとはいかにストレスを貯めないかです。

 

これが一番難しいかもしれません。

 

ストレスが多い生活をしていると確実に病気になってしまう時代です。

 

いかにご機嫌な自分でいることができるか。心の置き所の問題です。

 

価値ある水素サプリメント「H2PROUD」は皆様の更なる高みの健康に寄与できるものと確信しております。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信9月号

お元気ですか。

 

酷暑の夏もようやく終わりかと思ったら、今度は台風がいくつも発生し日本列島に多大なる被害が各地を襲いました。

 

全国で多発する異常ともいえる豪雨により家をなくした人、愛する人を亡くした人、ニュースで報道を見るにつれお気の毒で辛く悲しくなってきます。

 

他人ごとではなく、本当にいつどうなるかわからない状況の中で私たちは生活しています。

 

地震・災害もいつ来るかわからない突然のアクシデントです。

 

自然の天災は防ぎようがありませんが、健康に関するアクシデント(病気)はある程度は防ぐ事が可能です。

 

その為には、現状日本で何が起こっているのかを知る必要があります。

 

この現状を全く知らない人が多いことに驚きます。

 

国民医療費が年間一体どれぐらいのお金が使われているのかも知らない。

 

既に40兆円を突破しています。もう金額が多すぎて良く理解できません。

 

私が健康産業の仕事を開始した30数年前は18兆円でした。

 

その当時から大問題で毎年1兆円ずつ増加していました。

 

「医療費縮減」という事で多くの業者がスローガンを掲げ色々な活動をしてきましたが無情にも順調に増加し続けています。

 

現在、国家予算が約100兆円ですから4割程が医療費に使われています。

 

そう日本は病気大国なのです。癌、脳卒中、心臓病、肺炎、高血圧、糖尿病、認知症などどの病気を見ても先進国の中でトップクラスです。

 

平均寿命が世界で1位とか2位もうどうでもよい事です。

 

問題はいかに長く健康でいられるか。介護を必要とせず死ぬまで元気に過ごせるか。

 

元気でいられる期間である「健康寿命」が何よりも重要です。

 

誰もがピンピンコロリ(PPK)が理想の生き方と思います。

 

日本で寝たきり老人は一体何人おられるのでしょうか。

 

高齢化とともに増え続け今や約200万人、あまりの多さにこれもピンときません。

 

東京ドーム満杯で5万人、これの40倍。いやーもう何かかおかしい。

 

このままいくと2025年には300万人に達するかもしれないと言われています。 

 

日本は世界各国と比べると「超高齢化大国」、寝たきり老人の比率はダントツに高いレベルです。

 

そして日本の薬剤消費量は人口が約3億2000万人のアメリカの約2倍もあります。

薬剤消費量が人口数に比べて断トツに多いことです。

 

病院で沢山の薬が処方され薬害も社会問題化しています。

 

病院経営の為には多量の薬を処方せざるを得ない根深い問題もあります。

 

ですから「自分の健康は自分で守る」~セルフメディケーションの考え方が最も重要で健康に関しては、積極なるアプローチが必要です。

 

健康の柱となる「バランスの良い食事」「質の高い睡眠」「適度な運動」に気を遣うのは当たり前です。

 

一番大事なのは「食事」、私たちのカラダは「食べた物」からできているからです。

 

良い食べ物は良いカラダを造ります。悪い食べ物は悪いカラダを造ります。

子供は「食事」を選べません。子供は生まれつきの体質と環境でカラダの強さが決まってきます。

 

だいたい3歳位くらいまで体質の強さが決まると言われています。

 

冷凍食品、レトルト食品、インスタント食品などは食品添加物の塊のようなものです。

 

お母さんが子供に何を食べさせるのか?

 

知恵を持って「食育」を学ぶ姿勢が大事と思います。

 

また「食」の一環として「サプリメント」の活用があります。

 

水素サプリメント「H2PROUD」は、病気、老化の原因である「悪玉活性酸素」のみ選択し効率よく除去し細胞内の「ミトコンドリア」を活性してエネルギーを増産し、疲れにくいカラダにしていきます。

 

一般には栄養素も入り込みにくいと言われている「脳内」にも侵入し活性化します。

 

体内の水分と反応し長時間、「悪玉活性酸素」のみ除去し病気を予防します。

 

最高峰の健康(オプティマルヘルス)を目指しぜひ継続なさることをお勧めいたします。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社 シェイプ

萩原雄二

1 / 7 ページ