水素サプリの通販

株式会社シェイプ

 会社概要ページへお問い合わせページへ

お知らせ

元気プロジェクト通信9月号

皆様お元気ですか!

 

毎日、コロナ禍の話ばかりでもうウンザリという感じです。

 

益々、専門家の話が違うので何を信じたら解りません。

 

「日本人は素晴らしい」と思うのはこの酷暑の中でも大半の方がマスクをしています。

 

「人様に迷惑をかけたら申し訳ない」という文化が日本にはまだあります。

 

私は周りに人がいなければ速攻で外します。

 

暑いし、苦しいしこれは「熱中症にかかるな」という危険信号を感じるからです。

 

人混みでは流石に「コロナに感染するかも」の危険信号がそれを上回ります。

 

まだ当分はこの状況は波がありながらも続くと思います。

 

しかしながら感染症の歴史を見てもいつかは終息します。

 

ここ毎々の事ですか、コロナに感染しても風邪を引いたと同じ程度の軽症で済むか済まないかは「免疫」を正常化(解かりやすくいうと免疫力を上げる)する事です。

 

私が尊敬する、水素研究の第一人者である日本医科大学名誉教授である太田成男先生太田先生は「ミトコンドリア」の世界的な研究者であり「日本分子状水素医学生物学会」の理事長でもあります。

 

この学会には、私も何度か出席させていただき毎回、「水素医学」の可能性と社会性に感動しました。

 

その想いが水素サプリ「H2PROUD」の普及活動を継続している理由です。

 

太田成男先生のHP「太田成男のちょっと一言」を是非ご覧下さい。

 

この内容を拝見すると「やはり水素は凄い」と思われるはずです。

 

少しだけ引用させて頂きますと「水素医学の医学論文はゆうに1000報を超え人に対する効果も次々と報告されています。」

 

2019年6月9日時点で引用論文が1457だそうです。

 

太田成男先生が2007年に[Nature Medicine]という著名な科学雑誌に論文が発表されNHK等のメディアも「脳梗塞治療に水素が効果」と取り上げられ大変話題になりました。

 

商魂たくましくその後、「水素の商品」が続々と出始めました。

 

私も、平成4年から「健康食品販売」の事業を続けていて水素に関して最初に聞いた言葉が「活性水素」というどこかの大学教授が言った「造語」でした。

 

これが、みのもんた氏司会の「思いっきりテレビ」でも紹介されさらに注目されました。しかしながらその当時、私としては「怪しい物」としか映りませんでした。

 

太田成男先生の研究論文が[Nature Medicine]に掲載された時点で凄い事です。

 

色々と発表される研究論文がある中で最も権威のある学術誌です。

 

太田成男先生の論文の中身を拝見してこれは凄いと震えました。

 

「活性酸素を選択して除去する」えーーー!

 

活性酸素にはカラダが必要とする「善玉活性酸素」と病気、老化の原因とも言える「悪玉活性酸素」があります。

 

「水素」は善玉には影響を与えず悪玉のみ除去する性質があるという内容に「一番優秀な水素製品」を扱いたいと速攻確信しました。

 

何故なら、現在でもそうですが健康食品の世界では「抗酸化力」をアピールして活性酸素の除去の「力価」を競っています。

 

目安をきちんと守っていれば問題はないのですが、効果性の高いサプリメントを何種類も飲んでいる方が結構おられます。これは危険です。

 

「サプリメント」は諸刃の剣であり間違った摂り方をすれば逆に健康どころか病気になってしまいます。

 

摂りすぎれば肝臓障害等になる危険が高まり、カラダが必要とする「善玉活性酸素」が減れば免疫システムも正常に働きません。

 

あらゆる関係者に声をかけ情報も得る中、素晴らしいご縁をいただき「水素製品」の材料も何回かバージョンアップしてまいりました。

 

「本物の水素製品」を販売してから早13年になります。

 

お陰様で「H2PROUD」は太田成男先生が開発した「精製岩塩」を使わせていただいています。

 

水素吸蔵原料では全く安全で一番確かな原料と確信しております。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信8月号

皆様お元気ですか!

 

今年の梅雨は、例年になく長かったですね。

 

やっと梅雨が明け、やってきました酷暑の夏。

 

子供の時は、夏が待ち遠しく一番好きな季節でしたが年を重ねる度に早く秋が来ないかなー、などと思ってしまいます。

 

私の子供の頃は、クーラーのある家は珍しく扇風機だけで夏を過ごしていました。

 

地球温暖化のせい?人間がこんなにも環境を破壊して地球が怒っているのかも。

 

勿論、夏は暑いのに決まっているけどこんなにも暑くはなかったと思います。

 

その当時は、私の住む東京の中目黒でも野原や川があり(目黒川)、昔は下水道の設備などなく生活雑排水が流れ込む汚い川でした。

 

今では春になれば桜名所としてカモも泳ぐ風光明媚なきれいな川です。

 

今は、マンションが立ち並びコンクリートジャングル化しクーラーの排出熱など環境も違いますが、それにしても暑すぎますね。

 

文句を言っても始まらないので、夏対策グッズはこれはというものは買います。

 

服にシューっとかけると涼しくなるスプレー、水につけて振ると涼しくなる冷感タオル、ふいた瞬間に冷たい汗拭きシート・・・・

 

一番、お金をかけるのは大切な「自分のカラダ」です。

 

夏に負けない、コロナなんかに負けない、丈夫なカラダにしなくてはいけません。

 

「自分の健康は自分で守る」セルフメディケーションが一番大事です。

 

まずは熱中症に気を付けましょう。

 

熱中症は頭がクラクラ・気持ち悪い・吐き気がするなどのカラダの変調が出た時には既に相当ひどくなっていて最悪の時は命を落としかねません。

 

熱中症の予防の為には、積極的に水分を摂る必要があります。

 

汗をかく前になるべく早めに水分を摂取する事を心がけなければなりません。

 

ご老人は、身体が水分を欲しがっているのに「喉渇きセンサー」が上手く働かずに喉が渇きません。

 

シニア層の方は特に意識して水分補給に心がけましょう。

 

寝汗は、思った以上に汗をかくので夜寝る前にコップ一杯程度の水をとりましょう。

 

朝シャワーを浴びる、お風呂に入る前にも同じように水分をとりましょう。

 

H2PROUD」を飲む際も多めの水を摂りましょう。

 

夏場にも脳卒中、心筋梗塞の患者が多発します。

 

汗をかくと水分が足らなくなり血液濃度も上がりドロドロ状態になりやすくなるので高血圧、糖尿病、高コレステロール、高中性脂肪の方は特に注意が必要です。

 

どのような水を飲むかも大事。私は「水道水」は一切飲みません。

 

夏は特に塩素配合が増えます。先進国の中で塩素の上限設定がない不思議な国です。

 

最低、ミネラルウォーターもしくは信頼できる浄水器は絶対に必要です。

 

水分だけでなく塩分も一緒に摂る事が大事です。

 

スポーツ飲料水が夏の水分補給には良いとされていますが糖分を沢山含んでいますので糖尿病の人は特に気を付けて下さい。

 

炭酸系の飲み物も多量に糖分を含みます。特に子供の飲みすぎには注意して下さい。

 

「塩製品」は薬局などで塩飴・塩昆布・・・種々販売しています。

 

私は、知人から紹介していただいた還元力の強い岩塩を携帯しています。

 

夏を元気に過ごす為、コロナに感染しても軽症でいられる為にも、今こそ「水素補給」をたっぷり摂って下さい。

 

よく聞く「サイトカインストーム」免疫の暴走、これが一番怖い。

 

重症化する最大要因のようです。

 

本来、カラダを守る為の「免疫細胞」が敵見方の見境なく攻撃してしまうルールのない戦闘状態、カラダが焼け野原となり死に至ります。

 

今の時期は「免疫力」を正常に保つしかありません。

 

コロナの情報が毎日報道されますが専門家のいう事がまちまちで私達は何を信じたらいいのかもわかりません。

 

コロナであまり過剰になりそれがストレスになってもいけません。

 

他人を思いやり、コロナに感染せぬよう個人々が最大限気を付けて、免疫力を高める生活をし続ける事により一日も早く終息する事を願います。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信7月号

皆様お元気ですか!

 

早くも今年の半分が過ぎ、暑―い夏がやってまいりました。

 

コロナウィルスの影響で仕事のやり方、考え方も変わり、全てが変革の時です。

 

自粛要請も解除され、人通りも元のように戻り始めました。

 

但し、人それぞれコロナに対しての意識の違いは様々です。

 

1.極端に恐がり今でも外出は控える。

 

2.注意しながら、当然の如くマスク、手洗い、うがい等は遂行する。

 

3.感染しても軽症で済むだろう。従って普段通り気にしないで生活する。

 

皆様は、どのタイプでしょうか?

 

日本人は思いやりのある国民が多いはずなので2の方が多いのを期待したいものです。

 

日本はあくまでも自粛要請、世界各国で見られるような命令ではないのに国民が皆ステイホームで頑張りました。

 

やはり日本人は素晴らしい文化をもつ国だと思います。

 

コロナウィルスが恐いのは、自覚症状がないのにも関わらず他人に感染させてしまう恐ろしさにあると思います。

 

これがインフルエンザなどの感染とはまるで違う恐ろしさです。

 

3のタイプは自分の事しか頭にない人なのでしょう。

 

家の近くに丸テーブル方式の小さな炉端焼きのお店があります。

 

大変美味しくて安いお店なのでコロナ騒動の前もいつも満席状態でした。

 

流石に自粛要請の間はお店も閉めていましたが、先日覗いたらお店は満席、それも隣の人と肩が触れ合う密・密状態・・・・お店のオーナーはきっと3のタイプでしょう。

 

「自粛期間が長く商売だから仕方ない」と言ってしまえばそれまでですが、近くの焼肉屋の親しい大将は、席もたっぷり空けて大変気を使い仕事をしていました。

 

利益だけを考えるならば沢山人を入れれば儲かるはずで、やはり私はこのような方のほうが好きです。

 

私が驚いたのはその居酒屋で何と外も密に行列、中でも小さいお子様二人連れて家族全員ノーマスクの若い夫婦、私はこのようなお店には今の時期、間違っても入りません。

 

私には到底、理解ができない風景でした。

 

考え方は人それぞれなので仕方ないのですが、第2波が来るのはほぼ確かな事でしょう。

 

それがこの暑い夏なのか、秋なのかは私には解りませんがおそらくコロナウィルスはしぶとくやってくるのでしょう。変異してさらに強力になっていたら恐ろしい事です。

 

色々な情報が流れていますが、コロナウィルスを侮ってはいけないと思います。

 

この時期、毎回のようにお話ししていますが「免疫力を高める生活」これを目指しましょう。

 

健康の3要素「バランスの良い事」「適度な運動」「質の高い睡眠」に気を付けながら価値あるサプリメントも間違いなく「免疫力」を高めます。

 

水素サプリメント「H2PROUD」は水素研究では世界的にも第一人者である日本医科歯科大学名誉教授である太田成男先生が開発した素材を使用させていただいています。

 

太田成男先生のHPで「コロナウィルスに関する情報」がありますので引用させて頂きます。

 

興味のある方はHPを確認して下さい。(検索は、太田成男のちょっと一言)

 

コロナウィルスが恐いのは血栓ができてしまう事、この血栓が血液循環の不全を起こし死亡、もしくは後遺症が残ると、どこかのテレビでドクターがお話ししているのを見たことがあります。

 

表題は「水素ガスが新型コロナ血栓を抑制してくれる訳 その1・その2

 

そして「水素」が凄いのは「脳」への良い影響です。

 

表題は水素を有効成分として含む軽度認知障害又は認知症の予防又は治療用組成物」

 

水素水・水素ガス・水素サプリによる認知症の予防/治療についての特許が成立しました。

求む:製薬会社」

 

 「水素」の持つ力は他にも色々あります。

 

まずは病気、老化の原因である活性酸素の除去、しかも「悪玉活性酸素」のみを除去カラダが必要とする「善玉活性酸素」には影響しないという理想的な抗酸化力を持っています。

 

「善玉活性酸素」は免疫システムが働く際にウィルス、細菌を殺す武器にもなります。

 

水素サプリメント「H2PROUD」が皆様の健康に必ずや貢献すると確信しております。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信6月号

皆様お元気ですか!

 

6月と言えばムシムシするあの憂鬱な梅雨の季節です。

 

梅雨の語源を調べますとこの時期は湿度が高く黴(カビ)が出やすいことから黴雨(バイウ)と言われこれが「梅雨」に転じたそうです。

 

またはこの時期には梅の実が熟す頃であるからと諸説あるようです。

 

毎日の温度差がかなり有り、真夏日かと思ったら朝晩冷え込んだりもします。

 

今の時期、風邪など引くとひょっとしてコロナでは?とかなり落ち込むと思います。

 

お互いに気を付けましょう!

 

コロナ自粛によりSTAYHOMEしている方がまだ多いと思います。

 

何だかんだ言ってもやはり日本人は素晴らしい。

 

他人を思いやる気持ちが強い国民だと思います。

 

私も「よくぞがんばりました。」という感じです。

 

毎日、「やる事リスト、やりたい事リスト」を書くようにしました。

 

そうでもしないとあっという間に一日が過ぎていき大事な時間がもったいないと思いました。

 

人は何も行動しないでいるとドンドン老けていってしまうのかも?

 

そう思うと「健康普及」の仕事をしている訳だからこれはまずいと自分に叱咤激励をしながら毎日、それでも楽しく明るく生活をしています。

 

皆様はいかかでしょうか。

 

コロナ太りする人、逆に運動する機会が増え体力がついてスマートになられた方色々だと思います。

 

そうやはり2極化してしまいます。

 

コロナが収束した後、俗に言う「アフターコロナ」さらにこの二極化は進むと思われます。

 

YouTubuでも沢山の動画があり多くの方が「アフターコロナ」をテーマに語っています。

 

難しい事はさておき、兎にも角にも「健康が一番」です。

 

カラダを元気にしておかないと心も荒んでいきます。

 

6月に入り自粛要請もある程度解除され、どこもかしこも人が多くなってきました。

 

過去の伝染病の歴史から学ぶと必ず第2波、第3波が必ずあるようで油断はできません。

 

マスク、手洗いは今まで通り実行すること、人混みは避ける事、他人にも気を配る事などは当たり前でしょう。

 

コロナは、感染しても子供、若い方は自覚症状もほとんどない場合もあり軽症で済むことが多いようだけど、中には若い人でも少し前まで平気におしゃべりしていた患者が急変して重篤な状況になり数時間で亡くなってしまうケースもありインフルエンザとは違う恐ろしさがあります。

 

医療関係者は、若い人も「コロナをけして甘く見てはならない」と警鐘しています。

 

まして疾患を持たれている方は更なる注意が必要です。

 

免疫を正常化にそして活性する方向にカラダを整えていく事が最も大事です。

 

例えコロナに感染しても軽症で済むはずです。

 

水素サプリメント「H2PROUD」も普段より少し多目に飲まれると良いと思います。

 

但し、夜寝る前に多く飲まれると頭が冴えて眠れなくなる場合があります。

 

そのような方は朝に増量された方が良いです。

 

体調に合わせて飲まれる量をお決めください。

 

多く摂取しても薬ではないので副作用の心配は全くありません。

 

「水素」は頭にも大変良い影響を及ぼします。

 

「水素」は分子構造が宇宙一小さい為、難なく「脳内」に入り込み「脳内」に発生する悪玉活性酸素を効率良く除去するという他のサプリメントにはない「水素」だけが持つ素晴らしい特長があります。

 

「水素」が注目されたのが水素研究では第一人者である日本医科歯科大学、太田成男名誉教授が、世界が認める学術誌「ネイチャーメディシン」に発表された「脳梗塞治療に水素が効果」が始まりでした。

 

そしてNHKでも報道されました。

 

あれから13年が経ち、世界中で研究が始まり医療現場でも使用されるようになりました。

 

残念な事に未だに多くの「水素」を語るまがい物商品が存在するのも事実です。

 

本物の水素サプリには優れた力があります。

 

人類の試練とも言えるこの時期を無事に皆様と共に乗り越えたいと願っております。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信5月号

皆様お元気ですか!
正直、毎日毎日コロナの報道ばかりで辟易としてしまいます。

 

医療関係者の皆様方には感謝申し上げます。
さぞかし恐ろしく、大変で使命感を持たれて活動なされていると思います。

 

私も、毎日のように人とお会いしていたのがまるで嘘のようです。
スケジュール表は真っ白、このような経験は未だかつてありません。

 

こんな時、自分は一体何ができるのか。不平不満をいくら言ってもはじまらない。

 

まずは家にいる事、徹底した手洗い、消毒の徹底、自己免疫力の活性に務める、心が折れないようセルフマインドコントロール、前向きな行動・言動、家族との良好なるコミュニケーション・・・・

 

しかしながら解ってはいるけれど段々と緊張感が薄れ、時間ばかりが空しく過ぎていく。イライラするいやな自分 仕方ない「人間だもの」

 

こんな時こそ自分を奮い立たせ、時間を上手く活用して「今できる事」、「今しかできない事」を模索しながら前向きに生活していこうと決めています。

 

運動も普段は余りしませんでしたが、時間があるので適度に始めています。
先日もFBで友人からプッシュアップ(腕立て伏せ)のお誘いがありましたので恥ずかしながら動画もアップしました。

 

今世界中が、コロナウィルスの脅威に見舞われています。
人類は感染症と絶えず戦ってきた歴史があります。
そして大きな犠牲の結果、時間と共に克服してきました。

 

今回のコロナウィルスも、いつかはわかりませんがやがては収束されるでしょう。
よくアフターコロナの経済動向、業態動向、生活動向・・・等が論じられています。

 

一つだけはっきりとしている事は以前のような状況にはもう戻らないという事です。

 

考え方も、ビジネスも、コミュニケーションの方法も・・・・変わるはずです。
また変わらなければ正常な生活もままならないでしょう。

 

変わらなければ、ここで完全なる2極化が進んでくると思います。
私の仕事は健康普及です。インターネットが一般化するまでは10年以上「健康セミナー」を開催していました。もう健康の仕事を始めてから30年以上も経ちました。

 

時間があるのでファイルを整理していたら以前「健康セミナー」で使用していた資料が沢山出てきました。

 

食品添加物・農薬・汚染水道水・電磁波・紫外線・薬害・ストレス・・・
なんと恐ろしい「複合汚染」の中で私たちは生活しているのでしょう!

 

30数年前の国民医療費は18兆円でした。それが今では何と43兆円です。
その時の資料(10年から20年前位)は今でも使えます。何一つ良くなっていない。
この愛する「病める日本」は一体これからどうなっていくのでしょう。

 

先進国で減ってきている国が多い「癌」も日本では相変わらず増えています。
三人に1人が癌で亡くなる国など他にありません。

 

どのような状況、どのようなアクシデントがあろうとも基本となるのは「元気なカラダ」です。健康でありさえすればいつでも立ち向かえます。

 

今目指す事は、コロナウィルスに勝つ事「免疫向上」です。

 

免疫を上げるには食べ物が最も大事です。
人は食べるもので出来ています。毎日何を食べるか、何を飲むか。

 

優秀な効果性の高い「健康食品」を活用するのも間違いなく免疫のメカニズムを正常に働かせカラダを守ってくれます。

 

水素サプリメントはお陰様で約10年もの間、大変多くの方々にご愛用いただいております。「H2PRPUD」は弊社で何回かバージョンアップをした最終版です。

 

水素研究では第一人者である日本医科歯科大学、太田成男名誉教授が開発した原料を使用させていただき最高レベルの製品です。
朝・晩と1カプセル合計1日2カプセル飲むことにより、体内で24時間病気・老化の原因である「悪玉活性酸素」のみを効率的に除去します。

 

どうか皆様、今こそ「自分の健康は自分で守る」を実践して下さい。
そしてゴールデンウイークも家で過ごした事、必ず良い結果が出てくると思います。
もう少しの辛抱です。何とか皆様と共に乗り切りましょう!
皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

 

 

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信4月号

お元気ですか!

 

4月に入り、尚一層「コロナウィルス」の発症者が増加してきました。

 

報道されていますように想像以上に危険です。

 

政府の対策に不満を言っても始まらない。 確かにマスク2枚配布には正直言って驚きましたが・・・・

 

自分の健康は自分で守る~セルフメディケーションの考え方が今最も大事です。

 

そして今回の「コロナウィルス」は自分だけでなく他人様の命にも関わる危険があるので今迄のウィルスとは別次元の恐ろしい物です。

 

知らない間に感染しているかもしれない、発症しないだけでキャリアにもなってしまう恐ろしさ。

 

今は家にいる事。しつこいくらいの手洗い。

 

アルコール殺菌の徹底。ステイホームこれしかありません。

 

良い形で終息していくのを祈るばかりです。

 

経済活動も止まり、あらゆる業態にこれから影響が出てきます。

 

色々考えていると何だか「鬱」になりそうなので「考えても始まらない」事はなるべく考えないで、家でできるだけカラダを動かし、カーテンを開けて日差しを浴びて バランスの良い食事を摂るように注意して睡眠をしっかりとそして「H2PROUD」も普段より多めに摂り水素をたっぷりと補給し「免疫力」を高める事を最優先に考えましょう!

 

「免疫と水素の関係」を少しお話ししたいと思います。

 

免疫とはカラダを正常に保つ為の素晴らし防御システムです。

 

私達は、毎日何かしらの細菌、ウィルスなどがカラダへ侵入してきます。

 

肌には、常在菌が住んでいて容易くそれらが入っていかないように防御しています。

 

喉にも防御システムが働き、あらゆる細菌、ウィルスなどを洗い流そうとします。

 

カラダには白血球が外からの侵入者と戦います。

 

白血球には仲間が沢山、好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球がいます。

 

さらには「マクロファージ」という大食細胞、細菌やウィルス等、とにかくカラダにいらない物は何でも食べちゃう細胞、「ナチュラルキラー細胞=NK細胞」とよばれる免疫細胞はエリート級、ガン細胞をもバクバク食べます。

 

マクロファージやNK細胞などはカラダの免疫機能を保つ為にとても重要です。

 

この免疫のメカニズムで必要なのが「善玉活性酸素」例えばマクロファージが細菌を包み込むように食べて完全に消滅させるためにこの「善玉活性酸素」が武器になります。

 

「活性酸素」には善玉と悪玉の2種類がありますが病気、老化の原因と言われるのが「悪玉活性酸素」です。

 

「善玉活性酸素」は、免疫メカニズムの中では無くてはならない物です。

 

「水素」だけが持つ理想的な「抗酸化物」と言われる所以は「善玉活性酸素」には影響せずに「悪玉活性酸素」だけを選択し体内から除去するという事です。

 

この事を発見したのは、水素研究者では第一人者である日本医科歯科大学、太田成男名誉教授です。

 

世界で最も権威のある科学誌「ネイチャーメディシン」に研究論文が掲載され大変注目されNHKでも報道されました。

 

健康食品は「抗酸化力」を競っている感がしますがサプリメントは注意して摂る必要があります。

 

正しく摂取しないと健康食品は諸刃の剣にもなるのです。

 

その点、水素サプリメント「H2PROUD」は全くの安心安全です。

 

「H2PROUD」は例え沢山摂取しようとも副作用などは一切ありません。

 

不要な水素は体外に出てしまいます。

 

「H2PROUD」は太田成男先生が開発した素材を使用させていただいています。

 

そしてこの免疫細胞は「水素補給」してあげるとさらに活発に働きます。

 

私達は加齢と共に水素不足になっていきます。

 

水素不足になればマクロファージやNK細胞も力が弱くなります。

 

ストレスや疲れ、生活習慣の不摂生等も活性酸素が増え病気になるリスクは上がってしまいます。

 

是非ともこの恐ろしい時期に「H2PROUD」を上手く活用していただき皆様と共に良い形で乗り切りたいと思います。

 

充分にご自愛下さい。 皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信3月号

お元気ですか!

 

毎日コロナウィルスのニュースが流れてきます。

 

専門家がそれぞれ微妙に違う見解、政府の対応に批判の意見が多く何かと不安な日々が続きます。

 

マスクの着用、手洗い、うがいなどは皆様も実行されていると思います。

 

今、最も大切な事は「免疫力を上げる生活」を心掛ける事だと考えます。

 

同じ様に感染しても発症する人、発症しない人との違いはこの「免疫の力」です。

 

私達のカラダは、簡単には病気にならないよう素晴らしい「防御システム」を持っています。

 

免疫とは、私たちのカラダを正常に(健康)保つシステムです。

 

私達は毎日の生活の中で、細菌・ウィルス・カビ・・などがカラダに侵入してきます。

 

パトロールしている「免疫細胞部隊」がこのカラダには不要な異物とみなしいち早く排除していきます。

 

一度侵入した異物に対しては、その敵をやっつける武器を新たに作ります。

 

従って二度目に侵入した際には容易く敵を倒せます。これが免疫力です。

 

又、カラダの中では絶えず細胞が入れ替わり(新陳代謝)その際にDNAのコピーミスが生じ異常細胞が毎日多量に発生しています。これが癌細胞です。

 

免疫が正しく活動していればこの異常細胞もきれいに排除されていきます。

 

免疫が正常に働かなければ、コピーミスされた癌細胞はルールを無視した「悪性新生物」と呼ばれる死なない細胞に変貌し増殖を繰り返し正常細胞までも犯していきます。

 

従って私たちが健康に生活する為には「免疫力を高める生活」をしていく必要があります。

 

「免疫力を正常にする」という言い方が正しいかもしれません。

 

基本はよく言われる「バランスの良い食事」「適度な運動」「質の高い睡眠」

 

この事は、今や健康ブームですのでインターネットで正しい情報を見極め実践したら良いと思います。

 

デマ情報には振り回されないようにしたいと思います。

 

一般的には、緑黄色野菜をたっぷり摂り青み魚も食べ、納豆などの発酵食品、根菜などからの食物繊維・・・・

和食中心の食生活を心掛けたらよろしいかと思います。

 

指定添加物が多いコンビニ弁当、カップラーメン、レトルト食品などはたまには良いかもしれませんが、なるべく控えた方が良いと思います。

 

どのような水を摂るのかも大切なことです。私は間違っても水道水は飲みません。

 

最低でもミネラルウォーター、浄水器を通した水を飲んだ方が良いでしょう。

 

「ストレス」は最大の敵、免疫力が間違いなく低下します。

 

「水素」を補給する水素サプリメント「H2PROUD」は免疫を正常化するのに多大な力を発揮します。

 

水素の力は体内に溜まった病気、老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化力にあります。

 

活性酸素が多く体内にあれば免疫力は低下してしまいます。

 

水素だけが持つ素晴らしい特徴としてカラダが必要とする「善玉活性酸素」には反応せず「悪玉活性酸素」のみを選択して排除するという他の機能性物質にはない特徴があります。

 

実はこの「善玉活性酸素」は免疫システムには無くてはならない武器のようなものです。

 

優れた抗酸化サプリメントを数種類も飲んでいる方は要注意です。

 

このカラダが必要とする「善玉活性酸素」も排除してしまう恐れがあります。

 

健康食品は諸刃の剣、沢山摂れば良いという単純なものではありません。

 

その点「水素サプリメント」は全く安全、安心です。

 

「水素」はエネルギーを造る細胞内にある微小器官「ミトコンドリア」を活性化することが分かっています。

 

「ミトコンドリア」が活性化すれば免疫力も上がります。

 

水素研究では第一人者である太田成男先生は、世界的に有名な「ミトコンドリア」の研究者で多くの研究論文を発表しています。

 

「ミトコンドリア」を活性化するという事は毎日の活力、若さの源とも言えます。

 

H2PROUD」の原料は太田成男先生が開発した素材を使用させていただいています。

 

いずれにしろ「自分の健康は自分で守る」しかありません。

 

ここ一ヶ月は油断せず本当に注意しなければなりません。

 

皆様がコロナウィルスなどに感染しませんよう心よりお祈り申し上げます。

 

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信2月号

皆様お元気ですか!

 

コロナウィルスの報道が毎日ありますが、日本にも発症者が出て恐いですねー。

 

 既存の抗生物質が効かないようで、発症すると厄介です。

 

予防策としては手洗い、マスク位しかないようです。

 

今、一番大事なのは自己の「免疫力」を高めておくことです。

 

ウィルスが感染しても発症する人、しない人との違いはこの免疫力です。

 

私達の身体は病気にかからないようウィルス,菌など異物が侵入した特にカラダから排除する素晴らしい力があります。

 

この時期はインフルエンザも注意しなければなりません。

 

季節の中で最も危険リスクの高い月です。

 

従って通常より多めの水素「H2PRUD」を補給してあげる必要があります。

 

そして何より大事なのは生活習慣の見直しです。

 

「バランスの良い食事」「適度な運動」「質の高い睡眠」そして免疫力を高めるには「腸」を活性化する事です。

 

「腸」は免疫力の要です。

 

腸に良い食材、例えば発酵食品(納豆、キムチなど)食物繊維豊富な野菜、食材などなるべく多く摂るようにしましょう。

 

「食」に関しては、「正しく知る」という事が大事です。

 

実体を知ったらとても怖くて食べられないという食品も多く存在します。

 

例えば、菓子パン製造会社の有名な〇〇パンの工場従業員は菓子パンだけは食べないと良く聞きます。

 

食材ではなく「化学合成物質の添加物」でほとんど製造することを知っているからでしょう。

 

半面「食」に対しては、最低限知っておくべきことは勉強する必要があります。

 

従って今本当に今必要なのは食の教育、正しい「食育」です。

 

注意しなければいけないのがインターネットから得る情報です。

 

インターネットは何でも有りの世界ですから正しい情報を得る知恵も必要です。

 

Aという健康情報が出ると逆説のB情報が出てくる時代です。

 

テレビなどのメディアも健康情報番組もスポンサーの仕掛けもありますので注意しなければなりません。

 

免疫力を低下させるものは他にも水道水汚染、空気汚染、農薬、紫外線、電磁波、薬害などそして大きなファクターであるストレスがあります。

 

「免疫力」が落ちる最大の要因は強いストレスです。

 

継続的にストレスがかかると病気のリスクは飛躍的に伸びます。

 

免疫力を高めるには笑う事、楽しい事、嬉しい事、ご機嫌に暮らす事だそうです。

 

これだけの複合汚染とストレス時代を健康に楽しく生きようとしたら、積極的に健康レベルが上がるような良い食生活、良い水の摂取、有効なサプリの飲用、適度な運動、ストレスが溜まらない生き方など健康で生きるには、結構難しい時代に私たちは生きています。

 

「自分のカラダは自分で守る」という意識で生活していく覚悟も必要かもしれません。

 

しかしながら何事もほどほどに、あまり健康の事ばかり考え過ぎると「健康ノイローゼ」という病にかかってしまいます。

 

自分なりの健康法を毎日の習慣として当たり前に気を使うという事です。

 

ところで皆さんは、「健康寿命」という言葉を聞いたことがありますか。

 

「健康寿命」とは、人の助けを借りず自立した生活の出来る期間を言います。

 

日本人の平均寿命は医学の進歩と共に延びてきて去年の厚生労働省の発表では男性81.25歳 女性で87.32歳です。

 

この7歳位の差は永遠に続くそうです。

 

やはり女性は偉大で生命力があり男性よりは強いカラダを持っています。

 

平均寿命と健康寿命の差は、男性で約9年、女性で12年ありこの間は自立した生活が難しい介護が必要となる期間です。

 

これが今の日本の悲惨な現実です。

 

平均寿命がいくら延びようが人生が楽しく過ごせる時間とは何の関係もありません。

 

平均寿命より健康寿命が何よりも大事な概念です。

 

水素サプリ「H2PROUD」が皆様の「健康寿命」の長さに必ずや寄与すると確信しております。

 

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信新年号

皆様お元気ですか!

 

新年明けましておめでとうございます。

 

新たな年を迎え皆様におかれましては、益々ご健勝のことと存じます。

 

皆様は、お正月どのように過ごされましたか。

 

私も若い時は、この大事な正月休みを無駄に過ごさないぞ、とばかりに何処かに遊びに行く計画ばかりをたてていましたが、ここ10年位は、毎年我が家で美味しいおせち料理を食べながらゆっくりと過ごすことにしています。

 

お正月は何処に行っても人が多いし普段より高いしあまりいいことはないようです。

 

毎日、何かとせわしなく動いているとこのゆったり感がお正月ならではの「時の感」があり嬉しい時間です。

 

お餅を食べながら漠然と色々な想いが湧いてきました。

 

やはり、今年も元気に楽しく過ごしたい、健康なカラダにまずは感謝。お世話になっている方々に感謝、食事にはより気を使い、足腰が弱くなった感はゆがめないのでさらに運動をしよう。

(去年から事務所に運動機器を揃えました)

 

去年は、大好きな海釣にあまり行けなかったので行けるように計画しよう!

 

オーディオも好きなので、久しぶりに真空管アンプでも組もうかな、

 

ライフワークである「食育活動」をもっと広げたい・・・・・・・

 

初詣で祈る事は毎年同じ、「家族皆、健康で事故などあいませんように、皆々様が平安で穏やかに過ごせますように・・・・・」

 

しかしながら世界を見れば悲しい現実があります。

 

世界のどこかで必ず戦争と飢餓があり、今世界で毎日およそ3万人の人々が飢餓あるいは貧食が原因で死亡しています。

 

その内4分の3は、5歳未満の幼い子供達です。

 

実に5秒に1人の割合で子供たちが飢餓で亡くなっています。

 

そして自由を束縛され何も言えない悲惨な国も多くあります。

 

いつか4つ年上の兄から言われた事があります。

 

兄は長年、国連職員としてグローバルな活動をし特にアフリカの後進国を支援する活動をしてきました。

 

今は退職して大学の講師、講演、本も2冊程出版しています。

 

「もしもお前が死にたい程の苦しみを持ったならばインドの貧しい人達を見てこい、そこでお前は気づく事があるだろう。

そこではお前が一番幸せだと思うに違いない」

 

平和な日本で生活していると、毎日の当たり前のことが何と幸せな事なのでしょうか。

 

日本には戦争もなければ餓死する子供もいません。

 

まずは日本に生まれた事に感謝、生かされていることに感謝、仕事がある事に感謝・・・

 

そんな幸せな日本に住んでいても人は絶えず不安を持って生きているものです。

 

いつの時代でも一番の不安は①健康 ②仕事、経済(お金)でしょう。

 

健康については、年々2極化が進んでいるような気がします。

 

2極化とは一方ではやたら元気なご老人達、また一方では毎日病院通い、薬漬けの病気だらけのご老人達です。

 

また身内の話で恐縮ですが私の2つ上の姉は、日本初の認定エアロビクスインストラクターでしかも未だ現役です。

 

姉は35年程、地元でスタジオを経営しておりお弟子さん達と一緒にご老人が楽しく元気に過ごせるよう、「正しい運動」の啓蒙活動をしています。

 

スタジオに通う、運動を続けているシニア層以上の方々はとにかく元気で人生を楽しんでいるようです。

 

80歳を過ぎた元気の良い女性達のレッスン風景をVTRで見たことがありますが、とてもお年とは思えない動きで笑顔の素敵な女性達でした。

 

姉の口癖は「運動はウソつかない」です。姉も本を何冊か出版しています。

私といえばお陰様で健康関連の事業を始めて30年も経ちました。

 

人のカラダは食べるもので出来ています。

 

「良い食べ物は良いカラダを造り、悪い食べ物は悪いカラダを造る」食育の基本の考え

 

「水素サプリメントH2PROUD」の飲用も考え方は同じ、「食事」だけでは補えない物質をカラダに摂り入れより活性化し若々しく元気なカラダに変化させていく事が目的です。

 

良いものをカラダに入れる事、これを続ける人と全くやらない人では2極化が進むのは当たり前です。

 

「自分の健康は自分で守る」~セルフメディケーション、この当たり前の考え方が最も重要で{H2PRUD}の飲用もこの一環でしょう。

 

2020年が皆様にとりまして益々輝ける年になりますようお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社シェイプ

萩原雄二

元気プロジェクト通信12月号

皆様お元気ですか!

 

年々感じる事ですが、本当に一年が早く過ぎていきます。

 

12月は特に早くせわしく感じますね。

 

あっという間にクリスマスがやってきて、お正月を迎えます。

 

皆様にとりまして今年はどのような年でしたでしょうか。

 

私は65歳になり高齢者の仲間入りのようですが、お陰様でカラダはいたって健康です。

 

薬も何も服用していません。

 

健康食品の販売会社の社長が病気ではシャレにもなりませんからね。

 

やはり本物の「水素サプリメント」の効果は絶大です。

 

とにかくこの一年怪我も病気にもならなくて「健康で生活」できたことにまずは感謝です。

 

健康がすべての土台である事に間違いありません。

 

弊社も「水素サプリメント」を販売してお陰様で今年11年目を迎える事ができました。

 

2007年に日本医科大学、太田成男名誉教授が最も権威ある科学誌「ネイチャーメディスン」に論文が掲載されNHKニュースで「脳梗塞治療 水素が効果」と報道され一躍注目を集めるようになりました。

 

その当時、優秀な機能性食品はほとんどが「抗酸化」を謳い文句にして活性酸素をすべて悪いものとして「活性酸素を除去する力の強さ」がセールストークになっていました。

 

私は、活性酸素が老化、病気の原因という事は理解していましたが、必要な善玉活性酸素は免疫の要となり何でも除去してしまうと免疫力が落ちてしまうのではないかと、抗酸化力の強いサプリメントを複合的に飲んでいる方々の危険性を感じていました。

 

そんな時に「水素」は、活性酸素を選択的に除去する、つまりカラダが必要とする善玉活性酸素には影響がなく悪玉活性酸素のみを除去する、という嘘みたいな話が舞い込んできました。

 

しかも栄養素ではなく気体である「水素」これには大変驚きました。

 

一般の健康食品は成分(機能性物質)の集合体で、健康食品のメーカーの研究者は新たな機能性物質を発見して商品化するのが仕事です。

 

何故驚いたかというと「水素」は宇宙で一番多い物質で誰でも知っている気体です。

 

最初はマユツバでほとんど信じていませんでしたが、どうしても気になり色々と調べ始めるとこれは「理想の抗酸化物質」との確信から「水素製品」を主力製品とするという方針で活動し始めました

 

早速知り合いのメーカーから「水素水」を購入し、知人・友人にサンプルを渡しモニター調査を開始したところ大変な反響があり、OEMブランドで発売する事がほぼ決定しました。  

 

ところが「水素水」の欠点である「水素抜け」がどうしても納得できず断念し、固形の水素サプリメントを開発しているメーカーの社長とのご縁があり、OEMにて商品化しました。

 

最初の商品は、その場で「高濃度水素水」ができる画期的な製品でした。

 

その後、バージョンアップを重ね太田成男先生が開発した素材を使用させていただき「H2PROUD」が誕生しました。

 

現状では、最高レベルの水素サプリメントと自負しております。

 

残念なことではありますが、「水素サプリメント」は粗悪品が大変多く太田成男先生のHPでもインチキ商品に注意喚起しています。

 

興味のある方は太田先生のHPご覧下さい。

 

水素製品は2012年ころから急激に市場が広がり水素ブームが訪れ2014年から2015年がピーク、2016年にあるメディアが「水素水はただの水」と報道し「水素水」への叩きが始まり業界は大打撃、倒産した会社も多くありました。

 

結局、国民生活センターは水素の健康効果に対し否定も肯定もしないで終わったようです。

 

しかしながら、水素医学の医学論文は、今や1,000報を超え人に対する効果も次々と報告されています。

 

多くの研究者が「水素研究」に取り組んでいる事実があります。

 

臨床研究は(人に対する効果)は慶応大学・香川大・熊本大学病院で行われています。

 

驚いた事にあの有名なドラマ「ドクターX」で手術後の血液を流す際に副作用(大量の活性酸素が発生)するのを防止する為に「水素ガス」が登場したこともあります。

 

聞く所によるとドクターの監修もあり最先端の治療法があのドラマでは展開されているそうです。

 

お陰様で皆様のご支援、ご協力をいただきながら今年も無事に過ごすことができました。

 

一年間、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

皆様にとりまして益々輝ける2020年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

来年もよろしくお願い申し上げます。                                            感謝 

株式会社シェイプ

萩原雄二 

1 / 8 ページ