水素サプリやマウスウォッシュ、洗口液等の通販

株式会社シェイプ

 会社概要ページへお問い合わせページへ

元気プロジェクト通信1月号

お元気ですか。

 

明けましておめでとうございます。

 

今年もお餅を食べながらアレコレ考えました。

 

2018年どの様な年になるのでしょうか。

 

またどのような年にするのでしょうか。

 

毎年、初詣でお願いすることはいつの時代でも同じ。

 

「今年も元気で過ごせますように」「仕事が上手くいきますように」

と「健康」「経済」が主な事です。

 

後は、人間関係・子供の教育・・・・

ある人から聞いた事があります。

 

初詣はお願い事ばかりではだめ、まずは最初に報告と感謝をする事が大事だと。

 

確かにそう思います。神様も沢山お願いばかりされても困ると思います。

 

毎日「元気」で過ごせることがどんなに幸せな事か。

 

当たり前の事が本当は当たり前ではない事を早く気づきなさいと。

 

去年も正常に働いてくれたカラダにまずは感謝とありがとう。

 

頭(脳)・目・鼻・耳・一時も休まず動いてくれている心臓・内臓・・・・すべてにありがとう。

 

こんなにも有病者率の高い国でよくぞ病気にならないカラダを維持してくれて感謝です。後は、車と同じ。カラダのメンテナンスをきちんとする事です。

 

でもこの「メンテナンス作業」が結構難しい。

 

お正月は、運動もせずテレビを見ながらお酒・おせち料理・お菓子・・・ざんまい

ボーっと過ごしてあっという間に終わり。

 

新年会では飲みすぎ、食べ過ぎ・・・・

 

仕事が始まりいつもの不健康生活のはじまり、はじまり・・・

 

病気の引き金のストレス、ストレスの毎日・・・

 

こんなこと続けたら病気にならないわけがない。

 

健康の基本は①バランスの良い食事 ②適度な運動 ③質の高い睡眠です。

 

まずは運動から、この分野は私の姉の専門分野。エアロビクスでは日本で初の認定インストラクターとして約35年、エアロビクスの世界ではかなりの有名人です。

 

「運動は嘘つかない」が姉の口癖。私より2歳年上ですが、間違いなく妹にしか見えません。

 

余分な肉など全くなく超健康体です。

 

100歳超えのスーパーおばあちゃんに間違いなくなるでしょう。

 

姉からは「簡単な運動のやり方」のレクチャーは受けていますが、頭で解っていてもこれが中々続けられない。

 

私も年初にあたり、健康の為に何かやると決めこまないとできないと思い、今年からスクワット最低100回を正月から開始いたしました。

 

目標が低すぎるという声も聞こえてきそうですが、あまり高い目標を立てても継続できなければ意味がありません。

 

次は「食事」です。

 

食品添加物(指定添加物)の多く入った物はなるべく採らないようにする事です。

 

例えばコンビニのお弁当、カップラーメン、レトルト食品・・・など

 

インターネットで正しい情報を得て知識を持つことが大事です。

 

野菜は農薬がなるべくかかってない食材を選ぶ事。

 

安価できれいな化粧野菜と呼ばれている物は農薬も化学薬品もたっぷり使用しているので要注意です。

(例 真っ白なレンコン、赤いサツマイモなど)

 

私は10年以上「健康セミナー」を開催し食に関してお話をさせて頂きましたが、今は行っていません。

 

なぜなら「食」の指向性はそんなに簡単に変えることができないと続けてみて解ったことです。

 

「食」は管理してくれる人がそばにいないと出来るものではありません。

 

「タバコ」の害がこんなにも叫ばれているのに喫煙所で多くの方が吸っています。

 

このような方たちの意識が瞬間に変わる事があります。

 

それは重篤な病名を告げられた時です。

 

人の「健康意識」はそれ程にも変えにくいものなのです。

 

ですから、今元気な時に早く気づいて自分なりの健康法を見つけそれを実践続けることが「自分の健康は自分で守る」というセルフメディケーションを身に付ける事でしょう。水素サプリメントの活用もこの一環でしょう。

 

2018年、皆様にとりまして益々輝ける年になりますようお祈り申し上げます。

 

本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。                                                                                    

                                                

株式会社シェイプ

                                                          萩原雄二