水素サプリやマウスウォッシュ、洗口液等の通販

株式会社シェイプ

 会社概要ページへお問い合わせページへ

元気プロジェクト通信3月号

皆様お元気ですか!  

 

3月に入りやっと暖かくなってまいりました。

 

分厚いコートを脱ぎ捨てて思いっきり深呼吸すると優しい春の息吹を感じます。

 

春一番が吹き荒れ、日に日に暖かくなるとあの憎き敵「花粉」が飛び惑います。

 

やってきました「花粉」の季節です。

 

花粉がなければ植物の子孫は残せません。何も花粉が悪いわけではありません。

 

太古の昔から自然のメカニズムは変わっていない悠久の営みがあります。

 

でも「花粉症」の人には、辛くて戦いの日々が始まります。

 

マスクして、完全防備の眼鏡、まさしく外観は怪しい人です。

 

外見などは気にしていられません。この目のかゆみ、じゃじゃ漏れ鼻水なんとかしてーー!

 

ポケットティッシュいくらあっても足りません。

 

改善対策として注射、飲み薬、目薬、点鼻薬・・・

薬品会社のドル箱になってしまいました。

 

これらすべて身体にいい訳ありません。

 

いつから、日本人はこんなにも花粉にアレルギーを持つようになってしまったのでしょう。

 

私の子供のころは、花粉症の人などいませんでした。

 

鼻たれ小僧は結構いましたけど。

 

それだけ、現代人の身体は年々異常になっているのでしょう。

 

自分は花粉症でないから良かったと言っているそこの貴方!

 

去年まで花粉症でなくとも今年突然発症する事が多々あります。

 

これはよくコップ一杯の水で表現されます。コップから水があふれるまでは大丈夫だがこぼれだすと発症します。

 

コップの中の水は、体内にたまった化学合成物質です。

 

私たちの生活環境は、化学物質だらけの複合汚染の中で生活しているようなものです。

 

例えば大気汚染・水道汚染、農薬だらけの野菜、米、指定添加物だらけの加工食品、レトルト食品、その他電磁波、紫外線、薬害、ストレスなど

 

病気の引き金になるようなものがてんこ盛り、満載です。

 

食品添加物の中でも悪いのは指定添加物です。

 

驚くことに何と平均年間4キログラム程が体内に入り徐々に身体に溜まっていきます。

 

この中には、はっきりと毒性が解っている物質が多数あります。

 

変異原性物質、染色体異常など、これらは一体何でしょう。

 

癌発症の原因と言われている物質です。

 

国の見解は、健康に害を与える程の量ではないからご安心してください。

 

という事です。でも微量が集まれば少量、少量が集まれば多量になります。

 

子供の食事を作るお母さま方は、最低限の事は知る必要があります。

 

例えば子供に赤、黄、青の色のついたお菓子類はあまり食べさせないことです。

 

指定添加物には表示義務があります。要注意の物を少し上げときます。

 

赤色2号・3号・104号・105号・106号・黄色4号・緑色3号・青色1号・2号

カップラーメン・炭酸飲料水・スナック菓子などは毎日食べさせてはダメです。

 

たまには良いと思いますが全てはバランスです。

 

あまりここを追求しすぎると食べさせるものがなくなり育児ノイローゼになってしまうので注意が必要です。

全てが悪いわけではありません。

 

食品添加物を使わないと食品工場で食材は製造できません。また正常な流通も不可能になってしまうでしょう。

 

問題の根は深く簡単に解決できるものではありません。

 

但し国民の食育に対する意識を高めて化学合成物質だらけの商品を買わなければ業者も考えざるを得ないでしょう。

だいぶ前に「買ってはいけない」という本がベストセラーになり、あれが国民意識を高める大チャンスでしたが、特定の商品を名指しした為に企業からの大反発があり一部の健康ジャーナリストの狭い活動だけで終わってしまいました。

 

その方達も今でも同じような活動はしていますがいまだに大きなうねりは起こりません。

 

大変なチャンスを逃がしたような気がします。

 

何はともあれ行政に期待しても何も変わりません。

 

そう、「自分の健康は自分で守るしかありません。」

 

セルフメディケーションの考え方が最も重要と考えます。

 

「水素の力」の一つに抗アレルギー抑制効果があります。

 

ぜひこの季節も「水素」を活用して楽しくお過ごしください。

 

皆様方の益々のご健勝をお祈り申し上げます。                            

                                               

株式会社シェイプ

萩原雄二